髪質向上計画!オナ禁が髪に良い効果をもたらす2つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
オナ禁が髪に良い理由
  • サラサラで整った綺麗な髪の女性
  • ボサボサで汚れも見受けられる女性

あなたはどちらを選びますか?

もちろん前者ですよね。やはりきれいな髪の毛のほうが印象がいい!それは女性目線でも同じことです。不衛生な髪の毛の男性よりも髪質がよい男性を女性は選びます。

しかし、髪質を上げるといってもどうしたらいいかわからない…。

そんなあなたがするべきことは「オナ禁」です。

なぜならオナ禁することによってあなたの髪質がよくなるからです!

ではなぜオナ禁するだけで髪質がよくなるのか?

今回はこれについて見ていきます。

1.オナ禁するとたんぱく質が髪へ行き届く

あなたは精子が何でできているか知っていますか?

精子の主な成分はたんぱく質です。

これが射精することで体外へ放出されるわけです。

でもオナ禁すれば体内のたんぱく質が増えるので髪質がよくなります。

それについて詳しく見ていきましょう。

 

1-1.オナニーするとたんぱく質を多く使ってしまう

なぜオナニーするとたんぱく質を使うのか、それは

  • 精子の成分はたんぱく質
  • オナニーは意外ときつい運動

であるからです。

精子がたんぱく質でできているならそれを体外に出すオナニーでたんぱく質を使ってしまうのは当然のことです。

そしてたんぱく質にはどこから先に使うのか、という優先順位が存在します。

この優先順位でいうと、筋肉は優先順位が高く髪の毛は優先順位が低いです。

そしてオナニーは手の動きはもちろん、体のどこが緊張状態になることなどから、筋肉の消耗が激しいです。

そのため筋肉に多くのたんぱく質が使われてしまい、髪の毛へ供給されるたんぱく質が少なくなってしまいます。

このことから、オナニーしていると髪質が落ちたり、抜け毛が多くなってしまうのです。

 

1-2.なぜオナ禁すると体内のたんぱく質が増えるのか

上でも言ったように、精子の成分はたんぱく質です。そして射精によってそのたんぱく質が失われる。

では射精しなければ?オナ禁すればどうなるかというと古くなった精子が体内に吸収されます。

精子を吸収するということは、たんぱく質を吸収することと同じですよね?

もうお分かりいただけたでしょう。

オナニーすると体外へたんぱく質が飛んでいく。でもオナ禁することでたんぱく質が体内へ吸収される。

だからオナ禁するとオナニーしていた時に比べてたんぱく質が増えるのです。

 

1-3.たんぱく質が増えると髪にどんな影響を与えるのか

髪の毛の成分のうち、99%はたんぱく質です。

なのでたんぱく質が増えれば増えるほど髪の毛は作られるし、髪質も丈夫で綺麗になるので「良いもの」になります。

なのでオナニーしている人は髪質があまりよくなく、不清潔という印象を持たれてしまいます。

でもオナ禁するとたんぱく質が増えるため、しっかりした髪の毛になり、見た目がよくなるのでいい印象を与えることができるようになります。

 

オナ禁すると精子がたんぱく質として体内に吸収され、体内のたんぱく質が増える。

なので髪の毛に多く行き届き、きれいでしっかりした髪質になる。そして結果的にいい印象を与えることができるようになる。

簡単に言うとこういうことですね。

このメカニズムをしっかり覚えておいてくださいね。

 

2.亜鉛が増えるため髪質が上がる

オナ禁でニキビが減る理由でも紹介した通り、精液の成分の中には1日の理想摂取量の25%もの亜鉛が入っています。

亜鉛が不足してしまうと、髪質が落ちるうえに、様々な髪トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

なのでオナ禁すると髪質が良くなるうえ、髪トラブルも減ります。

その点について詳しく見ていきましょう。

 

2-1.亜鉛と髪の毛の関係

髪の毛の主成分はたんぱく質のうち「ケラチン」という種類のたんぱく質です。

このケラチンがないと髪の毛はできないわけですが、ケラチンは亜鉛がたんぱく質を再構成してできるものです。

なのでたんぱく質だけがあっても意味はありません。

たんぱく質は「原料」なのでそれを「加工」しなければなりません。

そしてこの「加工」をしてくれるのが亜鉛なのです。

なので亜鉛がないとケラチンが髪の毛になることはないのです。

 

2-2.オナニーと亜鉛の関係

先ほども言いましたが、精液には1日の理想摂取量の25%もの亜鉛が含まれています。

亜鉛は体内で作ることができないですが、生体内必須元素のため、不足すると体に異常をきたしたり、病気になってしまう可能性もあります。

なのでオナニーにより体外へ放出してしまうと、髪の毛が衰える以外にも、体に良くないことがおこってしまいます。ニキビが増えてしまうのも亜鉛不足が原因だったりします。

オナニーは快楽を得ることができますが、同時に体にとって大切なものを失ってしまうということを覚えておいてください。

 

2-3.亜鉛が増えることとオナ禁との関わり

先ほど言ったとおり、亜鉛は「ケラチン」を構成し、髪の毛を作るに大きく貢献している栄養素です。

なので亜鉛を十分摂取していると強くて元気な髪の毛が出来上がります。

要するに髪質が上がります。

オナ禁すると髪質が上がるというのは亜鉛不足になりにくいことにあるのかもしれませんね。

 

そして、亜鉛にはもう一つ重要な効果があります。

それはテストステロンがジヒドロテストステロンになるために必要な「5aリダクターゼ」の抑制をしてくれることです。

ジヒドロテストステロンは抜け毛・薄毛や精力減退、体毛・ひげの増加、果ては前立腺肥大症といった病気に発展するかもしれない危険因子です。

オナ禁しているとテストステロンが増えるためジヒドロテストステロンも増えてしまうのですが、亜鉛を十分摂取していれば変化を防いでくれるのでちゃんと亜鉛をとるようにしましょう。

 

まとめ

オナ禁をするとたんぱく質、亜鉛が体外へ放出されるのを防いでくれるため、髪の毛の成長、発毛が促進される。

そのため髪質が良くなり、見た目も良くなっていい印象を与えられる。

まとめとしてこんな感じです。

オナ禁をすれば髪にいいことが多いので、髪質を良くしたい方、抜け毛や薄毛に困っている方はぜひやってみるといいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*